Nゲージ情景製作にチャレンジ

 

Nゲージ情景製作

鉄道に興味のある人が増えてきています。
特に鉄道模型は年齢に関係なく世代を超えて楽しめる趣味であり、友人や家族と楽しむことができます。
懐かしい景色や憧れの場所など、自分の好きな情景の中で好きな電車を走らせることができます。
見ているだけでも、鉄道に興味がなくても楽しめます。
Nゲージなら部屋の中に入るサイズのジオラマを作ることも可能です。
小さいながら精密で車両の再現度が高いのも特徴で、鉄道模型の中で最も普及している規格です。
Nゲージ情景製作をはじめてやってみようと考えている初心者の方は、まずNゲージの基本セットを購入し、利用しましょう。
車両とコントローラー、レールがセットになったものが売っています。
そのまま走らせても楽しいですが、レールを板などに固定して、その上に駅や建物などを配置していくとそれだけで町ができます。
もっとこだわりたい方はNゲージ情景製作用のパーツがたくさん売っていますので、自分の作りたいものに応じて買いそろえていきましょう。

レイアウト上の建物配置

 

レイアウト配置

Nゲージ情景製作において、レイアウト上に様々な建物を配置していくことになりますが、無闇やたらに並べるのではなく、実際の情景を思い浮かべ、どのような建物が建っているかを想像しながら考えなければなりません。
たとえば農村をテーマにしたNゲージ情景製作をしたとします。
農村にビルやマンションは似合いません。
農村には庭の広い農家や藁葺き屋根の家が似合います。
また、小さな学校が建っているのも良いでしょう。
建物ばかりではなく、トラクターや軽トラなどのレイアウト用品をさり気なく配置すると、リアリティが増します。

レイアウト・情景用品・ジオラマ素材の購入はこちら

基本的に農村にはあまり多くの建物は必要がなく、むしろ田園や山など自然の情景を作り上げていくことが大切です。
それに対し街中のレイアウトを作るとなれば、ビルやマンションなどを配置することになります。
一つ1000円~3000円程度するので、ストラクチャーだけでもかなりの費用が必要になります。
どのようなレイアウトを作るかを決めるときには、費用的な問題も考えないと、後で後悔することになるかもしれません。

新幹線