情景製作:ターンテーブル

 

ターンテーブル

Nゲージとは、小型モーターで線路を走らせる事ができる鉄道模型です。
Nゲージ情景製作の際、ターンテーブルを使用する事によって、終点などで模型の向きを変える事ができます。
以前は国内でターンテーブルの市販はされておらず、自主制作を余儀なくされていましたが、1979年に電動ターンテーブル
がトミックスから発売されました。
そこから何度も改良が重ねられ、現在はTCS電動ターンテーブルという商品名で普及しています。
Nゲージ情景製作において、TCS電動ターンテーブルは市販されているターンテーブルの中でも比較的入手しやすく、穴を開けずに直接床に置いて使用できる他、狭い場所でも扇形の機関庫が製作できるといった利点があります。
この様に、お座敷運転で使用できる便利な製品として人気を得ていますが、分岐角度が広く薄型という事は、それだけ動作に不調も出やすく、またネジが目立ってしまうなど、外観上の問題などが弱点とされています。