情景製作:試運転

 

試運転

Nゲージ情景製作のミニチュア鉄道模型の試運転は重要で、せっかくの製作を行ったとしても鉄道模型がしっかりとレールの上を走らないで、脱線してしまったら他のジオラマの部品も壊れてしまうなどのトラブルも起こってしまいます。
Nゲージ情景製作の試運転の車両の動かし方は、パワーパックのプラグをコンセントに差し込み電源のスイッチを入れると、緑色の電源ランプが点滅します。
製品によっては、電源スイッチがなくプラグをコンセントに差し込むだけで電源のランプが点灯するものもありますが、どのパワーパックも方向切り替えスイッチで進行方向を決め、速度調整のつまみを動かして車両をうごかします。
方向切り替えスイッチを、どちらかの方向に入れ次に速度調整つまみをゆっくりと動かしていくと機関車が動きだし、バックしたい時は一度停止させて方向切り替えスイッチを切り替えます。
Nゲージ情景製作での試運転で、機関車などが走る所を見ているだけで癒されたり気分も旅行気分になるなどと、注目されています。