機関車の構造

 

機関車

Nゲージ情景製作で使用する蒸気機関車などの車両の構造を知ることは、Nゲージ情景製作を進めていくためにも必要なことです。
まず動力源ですが、家庭用の100V電気を使用します。
電気はパワーパックを経由して左右のレールに流れます。
左右のレールに流れた電流は、機関車に取り付けられている金属製の両車輪を通して取り入れられモーターを動かします。
単純な構造ですが、車輪がしっかりとレールと接触しないと車両を動かすことができなくなるので、車両の中にはおもりが取り付けられています。
ただそれでもNゲージは軽いために、蒸気機関車の後ろに接続されているテンダーからも集電を行うことが多いです。
そのために石炭を積む車両であるテンダー付きの蒸気機関車がお勧めです。
また、定期的に車輪やレールを掃除しないと、ホコリなど汚れが付着してしまい、接触不良を起こしてしまう場合があります。
接触不良が起こると、連射の動きがスムーズではなくなってしまうので注意しましょう。